• ゾンビフェススタッフ

社会派ゾンビ

数多あるゾンビ映画ですが、やはりロメロ監督の作品を制覇しておきたい!

そうした中で選んだのはこちら。

2007年公開のジョージ・A・ロメロ監督『ダイアリー・オブ・ザ・デッド』。

「POV」とは「Point Of View:主観ショット」の略、カメラと登場人物の視線が一致した撮影手法だそうです。


最初はPOVならではのスリルが味わえるかなと軽い気持ちで見始めたら、カウンターパンチを食らいました。

ゾンビの存在が薄く感じるほどの社会派映画でした!

ドキュメンタリー映画を目指す主人公が撮影するカメラの目線で話は進みます。

主人公はゾンビから逃げながらも後世に記録を残すために撮影する。

仲間が襲われても撮影を優先、そんな主人公を仲間は当然非難する。

記録か人命か。撮影することは傍観していることと一緒じゃないのか。

POVだからこそ、自分自身が撮影している感覚を味わえ、主人公と同じ傍観者側に過ぎないと思わせられます。

スリルが味わえるだろうぐらいに思っていたPOVに、まさかこんなに深く考えさせられるとは。

さすが巨匠ロメロ監督!リスペクトです。

そんなロメロ監督に捧げるゾンビフェスも本番間近です!

映像配信はありませんのでご来場いただき、体感しにお越しいただけると幸いです。

ゾンビウィルス含め、感染症対策万全でお待ちしております。

17回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

ゾンビあれこれ 2020

『ゾンビフェス THE END OF SUMMER 2020』をぶち上げたいと始めたゾンビあれこれコーナー。 誰にも頼まれていないのに続けて来たこのコーナーですが、 毎日毎日ゾンビのことを考え続け、いろいろなものを知り、出会えました。 ゾンビに感謝です。 いよいよ明日がゾンビフェス本番です。 もはや語ることはありません。 とにかく、世界にひとつだけのフェス。 ワクワクとドキドキと切なさと笑いが混ざ

入江雅人 自作を語る その2 ~今回、上演する三本について~

ー月夜のゾンビー  グレート一人芝居『マイ グレイテスト ヒッツ』の最後に予告編として上演しました。 ゾンビパンデミックの中、役者がゾンビになりきって危機を脱出しようとする話です。 それを練り直して『サマーオブザデッド』で上演しました。 そもそも僕が、こんなにゾンビものをやることになったきっかけは『ショーンオブザデッド』を観たことです。 「こう

4日後...

ゾンビフェスで上演される演目のひとつ、 入江雅人さんの一人芝居「月夜のゾンビ2020」は、いろんな作品への愛がブレンドされているとのこと。 その中のひとつ、映画『28週後...』を見てみました。 2007年公開のイギリス映画です。 2002年公開の『28日後...』の続編とのこと。続編を先に見ても大丈夫? 大丈夫でした! 避難して別家族とロンドン郊外に住む夫婦。子供達はスペインへ修学旅行中。 そん